ホーム » 未分類 » B型肝炎の法律

B型肝炎の法律

ベビーB型肝炎という病気があります。
こちらは日本の国の不手際によって多くの方が感染してしまったことで知られています。
かつて集団予防接種をする際に注射器を使いまわしていたという事件があったのです。
これによって、多くの人達が感染しました。
B型肝炎というのは持続感染する病気であり、これによって一生B型肝炎に苦しめられ続ける方がいるのです。
さらに悪いことにB型肝炎というのは母子感染する病気となっています。
そのため、親が感染していると子供にまで感染してしまいます。そのため、二次感染の被害を受けている方もいるのです。

このような被害者に対して国は給付金を支給しています。そのための法律が制定されているのです。この法律には期限があり、それはもうすぐ切れてしまうものです。そのため、感染者の方は早く給付金の請求をするべきでしょう。そうしないとせっかくお金を受け取る権利があるのにそれを使わないことになってしまいます。

B型肝炎に関しては、B型肝炎特別措置法というものが制定されています。こちらの法律によってB型肝炎者に対する給付金や請求などについて定められているのです。したがって、こちらの法律を理解しなければB型肝炎の給付金を得ることはできないでしょう。
こちらではそんなB型肝炎特別措置法について解説しましょう。こちらの法律はどのようなものであり、B型肝炎給付金はどのようにしていくらぐらいのお金をもらえるのか、これらについて詳しい説明をしましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –