ホーム » 未分類 » B型肝炎特別措置法

B型肝炎特別措置法

日本では平成24年からB型肝炎の感染者のための特別措置法が制定されています。こちらによって、裁判上の和解が成立した方に対して国は法律に基いて給付金を支給することになったのです。

幼少期に集団予防接種によって注射器からB型肝炎ウイルスに感染した方は、集団訴訟を起こしたのです。これによって和解協議が進められた結果として、平成23年の6月に基本的な合意がなされて、国が給付金を支給することになったのです。

病院また、20年の除斥期間を経過した方との和解についても基本合意書が締結されています。
これによって、除斥期間を経過して死亡したり、肝がんや肝硬変になった方に対しても給付金を支給することが決定したのです。
こちらは特別措置法を改正する法律が施行されています。
そのため、法律に基づいて給付金が支払われるのです。

B型肝炎の除斥期間というのは、給付金の支給については20年という期限があるのです。
そのため、この期間内に給付金の請求をしなければいけないのですが、明らかにB型肝炎が原因となり死亡したり、肝がんや肝硬変になったという方にも給付金を支払うことが決定したのです。

このように特別措置法によって国はB型肝炎に感染している方のためにお金を支給しようとしています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –