ホーム » 未分類

未分類」カテゴリーアーカイブ

B型肝炎給付金

注射器それでは特別措置法によって、B型肝炎給付金はどのように定められているのでしょうか。
まず、昭和23年の7月1日から昭和63年の1月27日までの間に7歳になるまでに集団予防接種を受けて、その際にB型肝炎に感染した方が対象となっています。
あるいは母子感染した方も対象となります。
対象者の認定については裁判所が行います。
そのため、B型肝炎の給付金を得るためにはまず国に対して訴訟をしなければいけないのです。
そして、認定される必要があります。

給付金の支給額についてはそれぞれの状況に合わせて詳細に定められています。数百万円から場合によっては数千万円に達することもあります
訴訟をすることになり、さまざまな手続きが必要のため、素人には難しいと思われる方がいるかもしれません。そこで弁護士を利用する方が多いです。弁護士を利用することによって、必要な手続きをすべて任せることができます。もちろん、弁護士費用を支払う必要があるのですが、高額な給付金をもらえるならば構わないと考える方が多いのです。

法律には期限が制定されており、それは平成34年の1月12日までとなっています。したがって、この日までに請求しなければ権利を失ってしまうため注意しましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

B型肝炎特別措置法

日本では平成24年からB型肝炎の感染者のための特別措置法が制定されています。こちらによって、裁判上の和解が成立した方に対して国は法律に基いて給付金を支給することになったのです。

幼少期に集団予防接種によって注射器からB型肝炎ウイルスに感染した方は、集団訴訟を起こしたのです。これによって和解協議が進められた結果として、平成23年の6月に基本的な合意がなされて、国が給付金を支給することになったのです。

病院また、20年の除斥期間を経過した方との和解についても基本合意書が締結されています。
これによって、除斥期間を経過して死亡したり、肝がんや肝硬変になった方に対しても給付金を支給することが決定したのです。
こちらは特別措置法を改正する法律が施行されています。
そのため、法律に基づいて給付金が支払われるのです。

B型肝炎の除斥期間というのは、給付金の支給については20年という期限があるのです。
そのため、この期間内に給付金の請求をしなければいけないのですが、明らかにB型肝炎が原因となり死亡したり、肝がんや肝硬変になったという方にも給付金を支払うことが決定したのです。

このように特別措置法によって国はB型肝炎に感染している方のためにお金を支給しようとしています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

B型肝炎の法律

ベビーB型肝炎という病気があります。
こちらは日本の国の不手際によって多くの方が感染してしまったことで知られています。
かつて集団予防接種をする際に注射器を使いまわしていたという事件があったのです。
これによって、多くの人達が感染しました。
B型肝炎というのは持続感染する病気であり、これによって一生B型肝炎に苦しめられ続ける方がいるのです。
さらに悪いことにB型肝炎というのは母子感染する病気となっています。
そのため、親が感染していると子供にまで感染してしまいます。そのため、二次感染の被害を受けている方もいるのです。

このような被害者に対して国は給付金を支給しています。そのための法律が制定されているのです。この法律には期限があり、それはもうすぐ切れてしまうものです。そのため、感染者の方は早く給付金の請求をするべきでしょう。そうしないとせっかくお金を受け取る権利があるのにそれを使わないことになってしまいます。

B型肝炎に関しては、B型肝炎特別措置法というものが制定されています。こちらの法律によってB型肝炎者に対する給付金や請求などについて定められているのです。したがって、こちらの法律を理解しなければB型肝炎の給付金を得ることはできないでしょう。
こちらではそんなB型肝炎特別措置法について解説しましょう。こちらの法律はどのようなものであり、B型肝炎給付金はどのようにしていくらぐらいのお金をもらえるのか、これらについて詳しい説明をしましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –